コンビニ店内のコピー機はとても便利です

コンビニ店内のコピー機はとても便利です

家庭にプリンタやコピー機がないとき、真っ先に向かうのがコンビニではないでしょうか。近年は、大手チェーンのコンビニならば必ずと言っても良いほど、店内の片隅にコピー機が設置されています。コンビニでコピーするために必要なものは、コピーしたいものと10円だけなので、とても簡単です。また、プリントアウトしたいときも、手軽に行うことができます。SDカードやUSBなどに印刷したいものをいれて持っていければ、すぐに印刷できます。SDカードやUSBを持っていなくても、最近はスマホに専用のアプリさえ入れれば、wi-fiを使って印刷したいものを直接コンビニの機械に転送することもできます。コピー機では、写真も印刷できるのでとても便利です。カメラで撮影したものだけではなく、スマホで撮影したものも同じように印刷できます。

コピー機で登録をして自由に後で印刷

コピー機を利用するとき、通常はもう一枚用紙が出てきて処理は終了します。しかし、同じコピーをまた行いたい場合があります。その時にはまた同じ作業を繰り返すことになります。用紙の選定などに時間がかかることもあるでしょう。この時、とりあえず先にコピーをして置き、それを親展保存します。それによって自分しかその内容を見ることができないようになります。自分のパソコンからその内容を確認し、必要に応じて印刷をします。そのまま保存を継続することもできます。親展内にあるものは、自分しか見ることができませんから、重要なことが記載されている書類であっても利用することができます。何度もコピーを取る手間が省けますから、作業が楽になります。パソコン上に保存しても、セキュリティに守られているので、他人に見られることはありません。

コピー機でデータをサーバに保存

コピー機でコピーをするとき、一時的に画像データが保存されます。そしてそれをそのまま印刷することになります。以前の機械は単独での運用が一般的でした。現在はネットワークに接続されて運用するのが基本になっています。パソコンやサーバに接続されています。サーバなどに接続されるメリットとして、これまで本体に一時的に保存されていたデータをサーバ内に保存できるようになりました。スキャニング機能が付いたといえます。別途スキャナーを用いなくても、画像データをどんどん保存することができます。保存されたデータは、利用者のフォルダに自動的に保存されます。ですから、誰か知らない人のフォルダに保存されることはありません。通常のコピーの時には画像データは保存されません。予め残したいときだけ、サーバにデータが保存されるよう設定しておきます。