コピー機関連は様々なサービスがある

コピー機関連は様々なサービスがある

最近ではコピー機なども購入しないでレンタルして利用しているところが多いです。修理やメンテナンスをしなくて良いというメリットもありますし、何よりも初期費用がかからないという部分などもあります。仕事で使うようなものであれば高価な価格帯で販売されているものが大半です。最近では節約志向が強い会社も増えていることからレンタルサービスが注目されています。その他にも中古で購入するという方法も人気になっています。中古ということであれば、コピー機の場合は、新品の半額以下で販売されているものもたくさんあります。どうしても仕事で使うことが多いという機器ですから、こうした中古は人気です。コスト面などから考えても中古が支持されている理由はわかります。レンタルや中古、通販で購入するなどコピー機の販路は様々に広がっています。

レンタルでコピー機を申し込むことによってメリット

コピー機を購入して取り入れるだけに限らず、レンタルで取り入れる方法もあります。購入とレンタルではどのような違いがあるのかと言うと、まず購入はすべて自分で手直ししなくてはなりませんが、レンタルはその都度、故障すれば来てくれることが利点です。購入後もサポート体制があるところもありますが、サポート料金が発生する為に、コストがかかってしまうことがあります。レンタルはそんな心配がない為に、万が一、故障をしても新しい機種に代えてくださいます。そして購入したコピー機に関しては古くなっても新しいタイプに変更することができませんが、レンタルであれば、その都度新しいコピー機に変更することができます。常に高速や使い勝手がいい状態にしたいのであれば、レンタルの選択は良い選択です。しかし、使い方が機種によって変わってしまうために、使い慣れるの時間をかけてしまうこともあります。使い分けでどのようなスタンスで持つかによって選び取る様にします。

コピー機の保守契約の3つの種類

コピー機を新規で購入したり、リースしたりする場合には、主な保守メンテナンス契約として次の3つの方式があることを知っておきましょう。1つ目はカウンター方式です。この方式では印刷した枚数分が保守料金となります。料金単価は新品の方が安くなっており、中古の場合の料金は新品の倍程度が相場になっています。大量印刷をしたり、高速機器を導入する場合にはこの方式だとコストが抑えられます。2つ目はキット方式です。きっとトナーの料金代に消耗品や保守費用等が含まれる方式です。印刷枚数が少なめであったり、月々の印刷枚数に偏りがある場合だとこの方式が割安です。3つ目はスポット保守方式です。消耗品、パーツ等の交換を契約者からの要求を受けるごとに有料で行う方式です。コピー機の使用頻度が少ないケースに適しています。これらの方式の中から導入目的に合ったものを選ぶようにすることが大切です。