印刷物に汚れが付着する場合のコピー機点検法

印刷物に汚れが付着する場合のコピー機点検法

大切な書類を作成しているのに、会社で使っているコピー機が故障してしまった経験をお持ちの方は、多いでしょう。業者に連絡しても、即日の点検を行ってもらえず、ネットカフェなどに駆け込んだ経験をお持ちの事務員さんもいらっしゃることでしょう。一番多いトラブルは、コピーをした紙に、黒い筋が入るケースです。紙の上に、わずかながらもトナーの漏れがある場合は、かすれて黒く汚れてしまう場合もあります。自己点検を行う場合は、まず、スキャナー部分のガラス(印刷物を置くガラス台)に注目してみましょう。ガラスの汚れをよく拭き取ることで解決する場合もあります。解決しない場合は、コピー機の内部にゴミが詰まっている可能性があります。紙詰まりの際にコピー機の内部を開けることがありますが、詰まった紙を取り除いた時に、トナーや紙ゴミ、ホコリが残ってしまい、印刷時の汚れになっているケースもあります。掃除を怠ると、印刷が汚くなっていきますので、印刷物に小さな汚れが見られるようになった時点で掃除をするように心がけましょう。

コピー機を借りるという選択であれば

コピー機を用意しなければいけないときには、購入をするという選択だけではなく、レンタルをするという方法もできるので、レンタルという方法を選ぶという方も増えてきています。レンタルという方法であれば、使用する予定の期間のみ借りるということができるので、短期間のみ使用してみたいといった時などにはとても便利ですし、長期間のレンタルも可能であるために、使用したい分だけ借りることができるようになっています。レンタルをすることができるコピー機は、使用目的にあったものを選んで利用することができたり、最新のものをレンタルすることができるところもあるので、なかには購入するよりもお得に利用することができる場合もあります。レンタルをしてみて気に入れば、買い取りをするということも可能なため、レンタルという方法は便利だといわれています。

コピー機をなるべく安く利用する方法

オフィスにコピー機を設置する時は出費をなるべく少なくすることを心がけ、購入すると価格が高いため見積もりの内容を把握してリースやレンタルをするなど臨機応変に対処すると効果的です。コピーをする場合は経費をなるべく少なくする方法を探し、業者と相談して最適な方法を診断してもらえるようにすると安心できます。コピー機は中古で購入すると価格が安く、企業の予算や目的に合わせて機能などを比較して決める方法が望ましいです。コピーをする時は機器のメンテナンスや消耗品などにかかる費用を計算して決め、業者に見積もりを依頼して最適な方法を探せるように考える必要があります。コピー機をなるべく安く利用する方法は中古で購入することやリースやレンタルなどをすると効果的で、事前に業者の見積もりを確かめて目的に合わせて決める方法が最適です。